グレーゾーン金利とは

最近は少なくなってきたのですが、以前はグレーゾーン金利の消費者金融やクレジット会社などもありました。
グレーゾーン金利という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その意味を知っている人は意外に少ないです。
なんとなく、グレーゾーンというと違法行為に近いことをしているのではないかと勘違いしている人もいます。
ですが、大手の消費者金融やクレジット会社でもグレーゾーン金利にしていることもあります。
では、グレーゾーン金利とはどのようなものなのでしょうか。

 

グレーゾーン金利とは、簡単に説明すると金利を利息制限法よりも高く、出資法よりも低い金利に設定している金利のことを言います。
利息制限法で定められた金利は、10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%となっています。
出資法はどの金額でも29.2%までの金利が上限とされています。
出資法の上限を守らなければ、法律で罰せられてしまうのですが、利息制限法は上限を超えても特に問題ないとされていました。
そのため、金利を利息制限法よりも高く設定している金融機関が多くありました。

 

ですが、最近になって見直され、利息制限法で定められた金利を超えている分は、過払い金としてお金を借りていた人に返さなければならなくなりました。
最近過払い金請求をする人が増えたのはこのためです。
もし、借入している業者が利息制限法を超えていたのであれば、過払い金請求ができますので、過払い金請求をすることができます。

過払い請求は戻ってくる

よく過払い請求はありませんか、なんていうCMがあります。
実際に自分が経験するまでは全くそんなことと有るはずないだろうと思っていたのですが、あったんだとおもいます。
借金、といっても、小さな額ですが、それを返済するときに、どうも利子以上に支払っている部分があったと今になって感じます。
しかし、少額なのでそこまで大きな事沙汰にはしませんし、被害が少なくてよかったなと思います。

 

 実例では、よく100万以上の過払いがある人なんていうのが取り沙汰されていますね。
そこまで動やったら増えるのか不思議なぐらいですが、抱え込んでいたらあれよあれよという間に知らぬ内に水増しされるものなんでしょうか。
利用者がしっかりと過払いに対する意識や、警戒心を解かなければ大丈夫だとは思いますが、そこまでして借りようとするのもありえないことでしょうしね……。
先ずそういったことを学んでいるであろう人であれば、消費者金融や町金には手を出さないことでしょう。

 

手違いにより過払いとなった関税および消費税の還付手続き - 輸入に関する基本的な制度や手続き : 輸入規制・通関手続き - 貿易・投資相談Q&A - 日本 - ジェトロ
http://www.jetro.go.jp/world/japan/qa/import_01/04A-011227

更新履歴


このページの先頭へ戻る